イベント

イベントイベント

特別養護老人ホームはなづか

 1月12日に「団子さし」を行いました。ミズキに小正月の飾りつけをして無病息災、豊作を祈願しました。入居者様より「昔はどこの家でもよくやったんだ」「なつかしいない」「今はあんまりやらないのかい?」などおっしゃっていました。昔の風習に触れ、子供の頃の話をしたり懐かしむ様子がみられました。皆様普段と違う表情で楽しく飾り付けを行えました。 【介護職員 高橋美穂】





介護老人保健施設めがみ

 元旦に獅子舞による厄除けを行いました。獅子舞に利用者様は笑顔で頭を噛まれていました。中には頭を出しすぎて飲み込まれている利用者様もおりました。獅子舞が人の頭を噛むことにより、噛まれた人の邪気を食べ悪魔祓いや厄病退治のご利益があると言われています。元旦に獅子舞に噛まれたことによって今年もより良く過ごし、利用者の皆様と楽しく過ごしていきたいと考えております。





通所リハビリテーションめがみ

 通所リハビリテーションめがみでは1月に行われたレクリエーションをご紹介いたします。お正月の遊びと言えば、たこあげ、福笑い羽根つきと色々ありますが、今回はうちわを羽子板に見立て風船で羽根つきを行いました。失敗するとそのチームの代表職員の顔に「墨」が塗られます。かわいそうだからと少しだけ書く方や笑いながら思いきり書く方と様々で年明けに大笑いし、笑顔でのスタートを迎える事ができました。「笑い」には癌やウィルスに対する抵抗力が高まり免疫異常の改善につながります。笑う事は一番の健康法!! 今年も笑顔多き年になりますよう沢山のレクリエーションを提供していこうと思います。【介護職員 溝井陽子】