イベント

イベントイベント

介護老人保健施設めがみ

節分レクを行いました

 
 介護老人保健施設めがみでは二月三日に節分レクを行いました。 豆の替わりに新聞紙をまるめたボールを鬼に扮した職員の的に向かって投げ入れる玉入れ形式のレクリエーションをしました。
 球を投げる際、「鬼は外!福は内!」と言いながら的の鬼の口に向かって投げていただき、皆様楽しまれている様子が見られました。 また、節分の歌を皆で歌い大盛り上がりでした。
  このような、季節ごとの行事を取り入れながら利用者様に楽しんで頂けるような企画を今後もしていきたいと思います。
               介護職員 日下春奈

特別養護老人ホームはなづか

特別な日

 
 はなづかでは、各丁目でお誕生日会を行いました。『歳はとりたくないな』『おめでたくないよ』と話す利用者様にお誕生日を楽しい日にしていただくために、事前に入居者様の食べたいものを聞き取り、その声を形にして『特別な日』にしていただきました。

1丁目

 『お好み焼きが食べたいな』
 午前中から皆様と野菜を切り、粉を混ぜてホットプレートで焼きました。皆様沢山食べて沢山笑顔になりました。       

2丁目

 利用者様から『イチゴのショートケーキが食べたい』とお話があったので、町内の菓子店紫月庵に電話をして作り立てを購入しました。
 ケーキが届くと『買ってきてくれたの?』と満面の笑顔で大きくお口を開けて食べられました。

3丁目

 ソフト食の利用者様が食べられる美味しそうなものを調べたところ、イランのデザート「フェレニ」を見かけ作ってみました。 牛乳を沸かし片栗粉と砂糖を加え冷やします。その後、黒みつときな粉を混ぜた物をかけて食べます。
 イランのデザートで口に合うか心配でしたが、ミルクときな粉の優しい味でなつかしく感じるデザートでした。
 お誕生日は、産んでくれた母に感謝する日でもあります。やっぱりお誕生日は特別な日です。
               介護職員 高橋美穂

通所リハビリテーションめがみ

レクリエーション特集

     
 今月は楽しく体を動かすためのレクリエーションをご紹介いたします。

足を使ったゲーム

<団体戦>
1つの円になり、足でボールをころがし隣の方へ渡していきます。1週したタイムを計り早いタイムを出すゲームです。次に輪っかを足先に入れ隣の方の足にわっかを通しまわっていきます。
〈効果〉下肢・足首の運動
〈感想〉声を掛けあいながら目標タイムに向けて頑張り
    団結が生まれた。

手を使ったゲーム

<チーム対抗戦>
向かい合わせに座ります。ダンボール等の板の上に風船をのせ、隣に渡すゲームです。早くゴールしたチームの勝ちです。
〈効果〉上肢・指先の運動・バランス感覚
〈感想〉風船が動くのでうまく隣に渡すのが難しいです。

頭を使ったゲーム

<個人戦>
1~10の数字をバラバラに貼り、順番に数字を差していき、タイムで競うゲームです。
〈効果〉脳の活性化、上肢の運動、瞬発力
〈感想〉いざボードの前に座ると目の前の数字が視界に入らず灯台下暗し!周りの利用者様が「そこそこ!」と盛り上がりました。